医療レーザー脱毛

美容系で「レーザー」と聞くと、強い痛みを伴うイメージがありますが、レーザー脱毛の場合はどうなのでしょうか。まずはレーザー脱毛についてしくみを詳しく説明します。

レーザー脱毛とは、レーザー光線の波長によって特定の色に反応させることができる特徴を用いて、ムダ毛の黒いメラニン色素に特殊なレーザー光を照射し、毛をつくる毛母細胞にダメージを与えて生えにくくするというしくみです。色素にのみ作用する為、皮膚表面やその周りの細胞にダメージを与えることはありません。

美容クリニックで使われるレーザー脱毛機器は出力が高く、単一の波長の光線を集中的に照射する為、非常に高い効果を得ることができます。一方、医療機関でしかレーザーは扱えない為、有資格者のいない脱毛サロンでは単一ではなく複数の波長で広範囲に照射する光(フラッシュ)脱毛機器が使われるので威力が弱く、レーザー脱毛に比べると効果は薄いと言えます。

照射パワーが高い為、やはり痛みを伴うことがあります。よく輪ゴムをはじいたような痛みと表現されますが、現在では機械の開発が進み、昔に比べると軽減されてきました。また、美容クリニックでは麻酔クリームなどを施術前に塗布してやわらげることもできます。カウンセリング時にしっかり確認し、不安を取り除いておきましょう。