家庭用レーザー脱毛

現在では家庭用のレーザー脱毛機器も販売されています。もちろん家庭用ですから安全に作られており、美容クリニックで使用される機器とは照射パワーが違う為、医療脱毛に比べれば効果は薄くなりますが、費用が安く、自宅で好きな時間に気軽にできるとあって年々利用者は増加しています。

脱毛サロンと同様に、出力が低いので時間と手間はかかりますが、脱毛に通い続けるのが面倒という方や、とにかく安く脱毛したいという方には家庭用がお勧め。使い続ければほとんどムダ毛や毛穴が気にならない程度まで減毛することができます。

家庭用の場合、やはり使い慣れるまで少し時間はかかりますが、最大のメリットはなんと言っても予約や出かける必要がなく、思い立ったときに施術できること、また費用も格段に安く済むこと。

もちろん家庭用ですので脱毛効果は美容クリニックに比べ低く、照射範囲も狭い為にムラになりやすい場合もありますが、こちらはコツを覚えてしまえば解決ですので根気よく脱毛しましょう。どんどん使いやすい機械も開発されていますので、口コミや掲示板など参考にして、保証期間やジェル、カートリッジなど脱毛機器に付随する消耗品などに必要な費用もチェックすることをお勧めします。

医療レーザー脱毛

美容系で「レーザー」と聞くと、強い痛みを伴うイメージがありますが、レーザー脱毛の場合はどうなのでしょうか。まずはレーザー脱毛についてしくみを詳しく説明します。

レーザー脱毛とは、レーザー光線の波長によって特定の色に反応させることができる特徴を用いて、ムダ毛の黒いメラニン色素に特殊なレーザー光を照射し、毛をつくる毛母細胞にダメージを与えて生えにくくするというしくみです。色素にのみ作用する為、皮膚表面やその周りの細胞にダメージを与えることはありません。

美容クリニックで使われるレーザー脱毛機器は出力が高く、単一の波長の光線を集中的に照射する為、非常に高い効果を得ることができます。一方、医療機関でしかレーザーは扱えない為、有資格者のいない脱毛サロンでは単一ではなく複数の波長で広範囲に照射する光(フラッシュ)脱毛機器が使われるので威力が弱く、レーザー脱毛に比べると効果は薄いと言えます。

照射パワーが高い為、やはり痛みを伴うことがあります。よく輪ゴムをはじいたような痛みと表現されますが、現在では機械の開発が進み、昔に比べると軽減されてきました。また、美容クリニックでは麻酔クリームなどを施術前に塗布してやわらげることもできます。カウンセリング時にしっかり確認し、不安を取り除いておきましょう。

永久脱毛の定義

脱毛は大きく「脱毛」「減毛」「除毛」に分かれます。おおまかに言うと美容クリニックで行うのはほぼ毛が生えてこなくなる脱毛、脱毛サロンで行うのは時間をかけて徐々に生えてくる毛を少なくする減毛、毛抜きやワックスなどを利用して一時的にムダ毛処理を行うのが除毛です。本来の意味で言うと、永久脱毛として捉えられるのは医療レーザー脱毛のみとなります。では、「永久脱毛」の定義とは何でしょうか。

実際には、永久脱毛と聞いて皆さんが想像されるような、脱毛施術後に永久的にまったく一本の毛も生えてこないことを永久脱毛とされているわけではなく、「最終脱毛後に1ヶ月に生えてくる毛の再生率が20%以下である」と定義されています。そう聞くと永久脱毛は不可能なのかと疑問に思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

年々進化し続ける機器を使った医療レーザー脱毛であれば、回数を経て終了する頃には、ほとんどムダ毛が気にならない状態まで脱毛することができます。ただ、期待を膨らませて脱毛されるのであれば、納得のいく満足度の高い結果を得る為に、永久脱毛とはまったく生えてこなくなるというわけではない、ということを知っておく必要があります。